pboyの雑事記

私P boyの興味をもったことが書かれています。

差別語および差別的表現

ピノキオ論争について
障がい者のふりをした猫とキツネは障がい者を表したものではない。
あくまで偽の障がい者障がい者を悪者にしているわけではない。
悪いことをしたせいで本当の障がい者になってしまったというのも
障がい者をのふりをした罰だとも読み取れる。
同じくらい古い作品である人魚姫は声を失い、歩くのに不自由になったが、
これは問題ないのはどうだろうか。 
・差別語および差別的表現
自主規制は過剰ではないか。必然性や正当性や論理を考えず、
「なんだか危なそうだから」という理由で自主規制や言い換えをしていないか。
これは差別問題に関する無関心が原因ではないか。ただ臭いものに
ふたをしているだけにも思える。「無難な表現にしておけば問題ない」
「人権運動の団体から抗議を受けたくない」という思いが見える。
差別語および差別的表現は表現する側、受け取る側双方の理解によってそうか、
そうじゃないか変わる。言語とは多様なものであって一つの現象、事象を
表現するのに一種類の表現しかできないのはかなり少ないだろう。
差別語、差別的表現か否かは前後の文脈によって決まるのではないだろうか。
出版社やテレビ局には差別語や差別的表現を出さないために
言い換え集という冊子又は本がある。しかしこれらの本の多くは
なぜその表現、言葉がいけないのかは載ってない。
これも差別問題への無関心のあらわれではないか。
さらにこれはどちらだろうかという曖昧な言葉もある。
問題解決には対等な話し合いをしよう
漫画にはある程度のユーモアが必要。そのユーモアが作品の面白さの一つ。
ユーモアと差別の境界は曖昧。
時代背景に合わせて差別語、差別的表現をすることがある。
良いこともあって、社会的に誤解や偏見のある言葉が正しくなった。
「盲」や「狂」がついた言葉がすべて悪いわけではない。
「狂」には一つの事に集中することのような意味がある。物に対して
使うならいいかと。
「盲」はめくらと読まなければいいのでは。例外もあって
「群盲」は盲人の集団ということでダメ。
作者が亡くなって本の改定が不可能な場合は、最初やあとがきに
おことわりを入れるべき。
障がい者は気にするが、健常者は気付かないこともある。
「きちがいに包丁」人は誰だって他人を傷つけることがある
悪い言葉のたとえに障がい者を使ってはいけない。
差別語はただ言い換えればいいわけではない。
差別とは他人を遠ざける(横に)、他人を落とす(縦に)もの。
言い換えをしても差別的な意味をもってしまうこともある。